2013年12月06日

連文節変換:一気に入力するの苦手…

僕のATOKが誤変換が多いのは、僕が細切れ入力するからかも知れない。


僕が、細切れ入力をしてしまうのは、小さい頃はそれが当たり前だったから。
癖が抜けきらないんだろうな…。




 カタカナしか出ない。 (FM-7など)
  ↓
 ひらがなしか出ない。 (MSXなど)
  ↓
 漢字は「漢字コード」で。 (MSX+漢字ROM)
  ↓
 単漢字変換 (MSX2…では、できたかな? MSX2+…?)
  ↓
 ある程度(2,3単語)まとめて変換 (Windowsやワープロ)
  ↓
  ・
  ・
  ・


…っていうのを子供の頃から、数年かけて経験してきたから…。
そのせいか、なかなか『一文を一気に入力して、変換する』…というのには慣れない。


それに、『一文を一気に入力』方式だと、途中で誤変換が出たときに、その位置までカーソルを持って行くのが面倒なんだよね…。


でも、単語で区切って変換していると、直前などに同音で確定した単語を「優先的に変換しなくっちゃ」って感じに覚えてしまうみたいで。
つぎに、別の漢字で変換したい時に、その漢字(本来入力したい漢字とは違う)が優先的に変換されて、それをつい勢いで確定しっちゃったりして。 → 誤変換、…ということに。



…なかなか、悩ましいことですなぁ。


タグ:ATOK
posted by AkiyHello-17 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382029497
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。