2014年01月23日

僕は、zuknowよりもAnkiweb.net

カード型学習プラットフォーム「zuknow(ズノウ)」iOS版登場、ビズリーチが仕掛ける理想の教育のカタチ 【@maskin】 : TechWave
http://techwave.jp/archives/bizreach_zuknow_launching.html


 某所でzuknowというアプリの存在を知って、
『どうなのかな? 利用してみるかな…』
…と、思ったけれど、やっぱり止めました。

僕はAnkiweb.netが使えるから。

理由1【カスタマイズ性】


 Ankiweb.netは、僕の好みにカスタマイズが出来る。
 カードに載せる項目内容はもちろん、表と裏のデザインだって変更可能。←しかも、単語帳毎にそれぞれ別にできる。
 カードの内容だって、単語帳に限らず、文章の穴埋め問題も大丈夫なつくりになってるし。

 一方のzuknowは、カードの表裏に テキスト・写真が貼れるだけ。
 覚えてるかどうかの試験も4択だし。←語学学習には向かない。実際に単語や表現を使いたいときには、選択肢など出てくれないのだから。


理由2【カードを表示するかどうか、…を決める基準について】


 zuknowは、自分で「覚えたかどうか」を判断して、自分でカードを表示するかどうかを決めなくちゃならない。
 これが、僕には性に合わない。

 Ankiwebの方は、「覚えたかどうか」じゃなくて、「簡単かどうか」を、幾つかの選択肢で聞いてくれる。
 そして、それに併せて、次回表示するかどうかを自動で決めてくれる。
 これが、とても心地よい。
 (一度は覚えたことでも、数週間たったら忘れていた。…なんて事はよくある話ですから…。)


 − − − −


zuknowのウリの一つに、シェアできる事が挙げられていました。
 ちょっと、どんなのかな? …って興味あったけど、でも、いいや。

 僕は、
 1.) 単語帳を一日一枚か二枚ずつくらいしか追加しない
 2.) 単語帳の内容は、僕に激しく依存している(他の人では使えない可能性がある)

 。。。だから、共有しても お互いのためになりそうにないですしね…。


 ...At the end, 僕には ankiwebが、ちょうどいいみたいです。

(パソコンでも携帯でも、好きなときに好きな媒体で利用できる、…というのも、ankiwebの うれしいトコロです。)
posted by AkiyHello-17 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。